セイブ・トウホク・シリーズ、第21回、初めての会場、シンフォニー・サロンにて、無事終了致しました。
四ツ谷より少しアクセスが遠くなることを心配していましたが、多くの方にお越し頂きまして、ありがとうございました。

お客様より・・・
演奏会前に清澄庭園を散策したり、昼食に深川めしを食したり、終演後は甘味処でお茶をしたり、またはもんじゃ焼きを初めて焼いてみたり・・・などなど、門前仲町は魅力ある楽しい街でしたとのご感想をお寄せ頂きました。

会場のシンフォニー・サロンは、門前仲町6番出口より、徒歩3分と、便利な場所にあります。
http://www.symphonysalon.com/access.html

11薫風~℗野村1


◇プログラム◇

クライスラー : ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
クライスラー : コレルリの主題による変奏曲(タルティーニのスタイルによる)
モーツアルト : メヌエット(ディヴェルティメント17番第3楽章より)
モーツァルト : ヴァイオリンソナタ ホ短調 KV304

DSCN1781

クライスラー : ウィーン奇想曲

エルガー : 愛の挨拶

ブロッホ : ニグン

フォーレ : 子守唄

バルトーク : ルーマニア民俗舞曲

Ⅰ 棒を持った踊り

Ⅱ 飾帯をつけた踊り

Ⅲ 足踏み踊り

Ⅳ 角笛の踊り

Ⅴ ルーマニア風ポルカ

Ⅵ 急速な踊り


万仲カメラ



おかげさまで、満席となりました。スリムなお客様たち、写真の左手にある階段席にも上手に座って下さいました。ありがとうございました。

 
     

このシリーズは、お客様と、演奏者と、そしてバック・ステージの三者の皆さまの力のおかげで続いております。
今後は、スタッフの声もお伝えしていきたいと思います。

出演者であるバイオリンの優ちゃんのお子達が、いろんな場面で、力強い働きを見せてくれて感動しました。みんなで一つのコンサートを作り上げる…大切です。 by 春奴

優ちゃんの2人のお子様の若い力(中高生!)と、万仲さんのご主人様の多大なるご協力に感謝!打ち上げ(自腹会)にご一緒できなくて残念でした。 by  薪奴

私は今回の出演者である西尾優子さんに誘われて、つい最近TARAT1983に入れていただきました。それで、その優ちゃんのコンサートということで早速お手伝いに馳せ参じさせていただきました(会場設営担当)。会場は駅から近く、60名くらいのサロンコンサートには向いていると思いました。ただ、スリッパに履き替えなければならないので、今回のように沢山のお客さまが押し寄せる入口と通路が、ちょっと狭いかなという気はしました。

休憩中のティータイムで1階の別室を借りていたのは正解だと思います。
空席の時と満席の時とで、音響が変わったので、演奏者は最初戸惑ったことと思いますが、後半は音が会場に馴染んで、とてもいい感じのコンサートになりました。
裏方さんも演奏者も本当にお疲れ様でした。 by jaco


コンパクトな空間ですが、どの席で聴いても良い音で聴ける、不思議な空間でもあります。来月のフルートが楽しみです! by M